近年、既に、Webを使った採用募集が主流となっています。候補者は会社HPを訪れ、会社の基本情報を得てから求人に応募するスタイルが、もはやコンスタントになっています。そのため、自社サイトをアップデートしていない、上手く候補者に自社について伝えられていないと、せっかく会社に興味を持った候補者を逃してしまう結果に繋がってしまうのです。候補者を逃さないためにもHPの見直しが必要です。

会社の採用ホームページを改善するポイント

人材募集をはじめても候補者が集まらないと頭を悩ませている人事担当者は、候補者の心に響くようなホームページの見直しが急務。今回は、自社ホームページをより採用活動に役立てるためのコツをご紹介します。

社員のインタビュー記事を載せる

候補者は、会社を選ぶ上で、その会社の雰囲気や文化などは、知っておきたい情報の一つ。また、どういった人が働いているかなども知りたい人は多いと思います。

そのため、自社ホームページには社員のインタビュー記事を載せることで、候補者も会社の様子を知ることができ、お互いにミスマッチを避けることができるのです。

社員インタビューで載せる情報も大切です。社員の写真なども含め、会社の魅力がわかるページを作成しましょう。ご参考までに掲載内容の一部をご紹介致します。

 

現在どのような仕事をしているか

今はどのような職種に就いているのか、転職している人なら以前はどのような仕事をしていたかなど、掲載することによって仕事の魅力を伝えることができます。

 

会社に入ってからやりがいに感じていること

会社に入社してどのようなプロジェクトに関わったなど、今自分がどのようなやりがいを持って仕事しているのかを掲載すると、会社でやりがいを求めている候補者にささるページになります。

 

今後のキャリアプラン

候補者にとっては、大事な内容になります。自分が長く勤めていける会社を求めているので、社員インタビューを通して伝えることも大切な要素だと言えます。社員インタビューなどは、その社員が退職したらページを変更する等の対応が必要になってきます。常に、会社の最新情報を掲載するのが大切です。

 

エントリーページまでの導線をわかりやすくする

採用ページまで辿り着けなかったり、エントリーボタンがどこにもなかったり。会社ホームページの導線がわかりずらいと、サイト内で迷子になる候補者が出てきてしまいます。

新卒採用と中途採用のページを分ける、応募職種の詳細の下にエントリーボタンを設ける等、自社のHPも最適な導線になるように見直してみてください。

 

募集している職種が何かわかりやすくなっている

募集している職種が詳しくわからないと求職者はエントリーしにくくなってしまいます。また、職種ごとのエントリーフォームになっていても、職種の詳しい情報などを割愛していたりしませんか。

自分のどのような経験が、どういったかたちで生かせるのか。会社が求めている人材はどういった人材なのか。なるべく詳しく掲載してある方が、候補者にも要件が伝わりスムーズな採用に繋がります。自社のホームページを一度、求職者の立場になって見直してみてください。

 

会社の強み・魅力がわかるようなページをつくる

簡単に言えば、「この会社に入るとこのようなメリットがある」という風なページがあると、候補者に会社の魅力が簡単に伝えられます。

例えば、毎月1回人材育成でセミナーを実施している様子や社内の行事やイベントなど、業務以外のことでも問題ありません。こうしたページで他の会社との差別化を測ることができます。

 

会社の魅力を伝えることで、会社の文化を伝え、ターゲットとしている候補者の応募に上手く繋いでいきましょう。

 

キャッチコピーをつける

ここまでサイトを見直して、改善しても、サイトを見てもらえなかったら意味がなく終わってしまいます。そんな時に利用できるのがキャッチコピーです。キャッチコピーをつければ、会社の思いも求職者へ一目瞭然で伝えることができ、なおかつ、上手くターゲットとしている求職者の応募に繋げることができるのです。

多くの企業でも、中途・新卒の採用ページにキャッチコピーをつけて、上手く求職者に会社の思いや文化などを伝えています。採用ページの始めのページに設置するだけで、ホームページの雰囲気をガラッと変えることもできるのです。

 

スマートフォンでも見やすいホームページにする

最近では、スマートフォンでメールも応募も全て解決してしまう人が多いのが現状です。

そのため、採用ページがスマホで開いてもわかりにくいページである場合、読む気が失せてしまい、ホームページから離れてしまう人も少なくありません。

スマートフォンでも見やすいページになるよう、自社ホームページをスマホ対応にしていく必要があります。

遊び心がある企業ホームページも人気

最近では、企業のユニークな採用ページも話題となっています。採用ページで動画を流したり、コンテンツを盛り込んだりと、デザイン性の高いサイトなどを見る機会が多くなりました。見直しを検討している場合は、他の企業のホームページなども参考に見てみるのも、新しい発見ができるのでおすすめです。