専門職に特化した人材紹介会社を利用して入社の可能性を高めるには

採用が困難と言われている専門職をピンポイントで採用するために、人材紹介会社を使うのは正解なのでしょうか?専門職の採用を行う場合に念頭に入れておかなければいけないことを考えていきます。

そもそも専門職の求職者はどこにいるのか

「求人広告を出してもなかなか専門職の応募がない」とお悩みの担当者の方も多いでしょう。そもそも職業人口が少ないから専門職というのであって、それは人材紹介会社が抱えている登録者リストにおいても変わりません。専門職と呼ばれる人の割合は総じて低くパイの取合いは常に発生しています。

ただ、職種に特化した専門の人材紹介会社も存在するのでそういう会社に依頼をすることで求職者に会える可能性を高めることができます。製造業、医療介護、外国人、ITエンジニアなどに特化した会社はよく見かけます。

専門職の人材紹介会社に依頼すれば入社が決まる?

これまで専門職の採用がうまくいっていなかった企業が特化型の人材紹介会社に頼んだ場合、人材紹介会社から提示される求職者データが多いことに驚くかもしれません。実際に面接も行えることでしょう。しかし、多くの企業が入社に結びつかないという新たな悩みを抱えることになります。

「最初だから人材紹介会社の担当者が印象良くしようと手当たり次第紹介してきた」と解釈することもできますが、実際に専門職の求職者があなたの会社に興味を示さなければ面接までたどり着くことはないでしょう。なぜ興味があるのに入社に結びつかないのか。多くの場合、条件で比べられてしまっているのです。

専門職はシビアに条件を比べられる

少しでもいい条件の会社に入社したいと考えている専門職の求職者にとって人材紹介会社は使い勝手のいいエージェントです。自分の代わりに求人を行っている企業をピックアップしてくれて、待遇の交渉までしてくれるからです。必然的に特化型の人材紹介会社を使用している求職者はベースの希望がアップし、細かく条件を出すようになります。

人材紹介会社が求人を依頼している会社に他社の条件を伝えることはないですが、「紹介はたくさんされるけどどうも求職者と希望する条件が合わない」というような状況が頻発している場合、あなたの会社は他社の当て馬にされている可能性があります。

人材紹介会社の担当者にどのレベルの条件で採用の可能性が生まれるのか、細かく聞き出すことが必要です。本当の意味で競合他社との争奪戦に参加できる条件を見極めなければなりません。

専門職の人材紹介会社の成功報酬の相場は?

一般的な人材紹介会社の成功報酬の相場は一昔前は年収の35%程度と言われていましたが、ここ最近は20〜30%程度が一般的なようです。しかし、高度な専門職に関しては高いパーセンテージをキープしている場合もあります。これまで聞いた中で最も高い例だと、理学療法士で年収50%の成功報酬というのがありました。

悪徳の人材紹介会社と求職者に注意!

また、最近はどうやら減ったようですが、専門職の枯渇に困っていると思しき職場から金を巻き上げる悪徳商法の会社も耳にすることがあります。

例えば介護福祉士資格を持っている人材がすぐにでも欲しいという職場にタイミングよく人材紹介があり、前金で150万を支払ったが、体調不良と称して2日しか出勤しなかった。その職員とは連絡が取れているため詐欺とも言い切れず、結局在籍自体は1ヶ月して退職したため返金もされなかったというようなケース。

また、人材紹介会社が独自に定めている返金義務が切れた直後に退職し、また別の職場を人材紹介会社に紹介されて入社するというケース。似たようなパターン全てが悪徳とは言い切れませんが、人材紹介会社と求職者がグルのケースというのも存在するようです。

自社の求職者にとってのメリットを洗い出す

人材紹介会社にとっては年収ベースが高い求職者を紹介できれば収益もそれだけ高くなりますので、求職者にとって良い条件を出せる企業とは是非契約をしたいという思いがあります。ですので、条件が良ければそれだけ有利ですが、そこまで単純な給与ベースをあげられない場合は別の点でのメリットが用意されていなければなりません。

勤務時間や日数など「求職者の多様な状況に合わせて勤務できる」というようなメリットを押し出せれば、給与外のところで勝負できるでしょう。

関連記事

  1. 求職者が職業紹介会社を使うメリット

  2. 人材派遣と人材紹介の違い

  3. 人材紹介の起業のメリット・デメリット