女の転職はその名の示す通り女性向けの転職サイトです。政府の提唱する働き方改革によって、正社員であっても多様な働き方を望む女性が増えて来ました。女の転職は女性の選択肢を広げる求人サイトです。

女の転職は正社員女性向けの転職サイトとしては最もメジャー

女の転職は女性向けとはっきり謳っている転職サイトの中では会員登録数も正社員の求人掲載数もダントツで多いです。他のサイトは女性向けと謳っていてもメインのサイトのおまけのような構造だったりします。またリクルートの運営するとらばーゆは女性向けの傾向が強いと言えますが、美容師、保育士や介護士などがメインで職種にかなり偏りがあり、雇用形態も正社員とは限りません。

女の転職は「正社員で働きたい女性」をメインターゲットにしており、職種もかなり幅広く掲載されています。事務職や営業職、サービス系の職種で「女性が働きやすい職場」を探している求職者の募集に最適です。

女の転職は転職フェアが人気

女の転職は定期的に転職フェアも行なっています。転職フェアというとdudaやマイナビ転職のような「巨大な展示場で数百社の出展があり参加者も1万人以上」という大規模なものを想像する方も多いでしょう。しかし、女の転職の規模は目が回るほどのものではありません。例えば渋谷のヒカリエのイベントスペースで頻繁に転職フェアを行っています。

来場した求職者と出展企業がマッチングしやすく、会場に滞在しやすい雰囲気なので求職者に人気です。この転職フェアの前後は女の転職に会員登録する求職者が増えるため、求人企業にとってはサイト自体も狙い目になります。

女の転職の求職者が注目するのは「働きやすさ」

女の転職は「転職サイト」ではありますが、いわゆるバリキャリを目指すような女性がたくさん見るというわけではありません。どちらかというと家庭やプライベートとの両立ができ、体力的にも責任的にも無理がない職場を探している女性が多い傾向があります。

いわゆる検索軸も「育児との両立OK」「産育休活用有」「時短勤務あり」のようなカテゴリーがあり、働きやすさの提示に力を入れているサイトであることがわかります。また、転職サイトの中では比較的保育や介護などの福祉系の正社員求人が多く乗っているのも特徴です。福祉系の正社員職種はシフト制だったり時短勤務が可能だったりする場合が割と多いので、ニーズにマッチしているのでしょう。また、アパレルやコスメ、エステなど女性ならではの職種の正社員募集も多数掲載されています。

募集年齢が幅広い求人が掲載されているのも特徴です。コスメ、保険などの業種で50代以上が活躍している企業が多く見受けられます。子育てが終わりまたフルタイムで働きたい女性には嬉しい内容です。

女の転職は都心メイン

女の転職はもともと@typeを母体として運営されています。今は完全に別サイトの構造にはなっていますが、@type自体が性質的に首都圏の求人が多い転職サイトのため、女の転職も23区内、横浜の求人が中心です。そのためファミリー層が多く住んでいる23区外や千葉・埼玉・神奈川などはそこまで求人数は多くない印象です。

職種的にも一般企業の営業や事務職、販売職が多いため、都心で働く女性のためのサイトという傾向が強いです。郊外に関しては都心の周辺自治体であれば効果が期待できます。

女の転職は首都圏の交通広告、特に電車のドア付近に貼ってあるシール形式の広告に力を入れている印象です。これによってネットのコアユーザーでない年齢層の女性にも認知度を高めています。

女の転職はスカウトメールが優秀

女の転職はスカウトメールの使い勝手が優秀な転職サイトの一つです。マイナビ転職、@typeのように求職者ごとにスカウトメールの文面をカスタマイズが可能です。

また、母体である@typeにもある機能ですが、募集記事を閲覧したユーザーの足跡が残ります。つまり応募はされてなくても興味を示した人材ということになるため、スカウトメールを送る優先度が高くなるのです。ただ闇雲にスカウト送信するより返信確率は高くなります。

長く働いてくれる女性を採用するなら女の転職

女の転職は働きやすさを求める女性が集まる転職サイトです。そのため、居心地が良ければできるだけ長く在籍したいと考える女性が多いため、職場の戦力として安定します。給与面だけでなく、ワークライフバランスが取れた募集内容を用意できる企業であれば、掲載しておきたい転職サイトです。

女の転職@typeについて詳しく見る