マッハバイトは今すぐお金が欲しい層の募集に有効!

マッハバイトは採用されると求職者に1万円が支払われるという求職者からするとお得な求人サイトです。求人企業が利用するメリットはどのような点なのでしょうか。

マッハバイトは元ジョブセンス

マッハバイトという名前を聞きなれない方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、マッハバイトはCMや交通広告は出していません。web広告やyoutuberとコラボした動画広告などで宣伝しています。

学生やフリーターなどめがけている求人媒体ということで、webや動画がバズるような方法で宣伝をしています。実際リアルな求職者の声なのかステマなのかわからない部分もありますが、「マッハバイトで応募して採用されたら1万円もらった」というツイートが検索すると結構出てきます。

マッハバイトは完全に新しい求人サイトというわけではありません。元々はジョブセンスという求人サイトでした。ですのでURLもhttps://j-sen.jp/となっています。

あまり名前を聞かないサイトにも関わらず、求人掲載件数が25万件近くあるのにはそういった理由があります。もともと保持している求人企業のパイを生かして、これまでと違う層の求職者をターゲットに定めたというわけです。

マッハバイトはお祝い金1万円がもらえる

マッハバイトは企業に採用された求職者が「マッハバイトから採用祝い金」をもらえるというサービスを行っています。企業から直接1万円がもらえるわけではありません。あくまでマッハバイトから支払われるという形を取っています。求職者からすると「祝い金くださいと雇用主には言いづらい」はずですので、マッハバイト運営が祝い金を払う仕組みは安心であると言えます。

祝い金をもらえる条件は

  • マッハバイトからアルバイトに応募した
  • 採用が決まった
  • 初めて勤務する日が決まった

朝の10時までに申請が完了していれば最短で翌日に振り込まれる可能性があります。対応スピードの速さも人気の理由です。

祝い金の金額は1万円もしくは5,000円のいずれかを企業側が選ぶことができます。この祝い金はマッハバイトが支払うという体をとっていますが、祝い金の費用は求人広告を出した広告主がマッハバイトに支払っている掲載料や成功報酬から賄われています。ですので多い祝い金を設定した広告主は、その分マッハバイトに支払う掲載費用や成功報酬が高くなるという理屈になります。

ちなみに求職者が祝い金をもらえる仕組みのサイトには他に「アルバイトEX」などがあります。たまに祝い金はマッハバイトが考えた画期的な仕組みというような宣伝を見かけますが、実際はそれ以前から祝い金の仕組みがある求人サイトはあります。風俗店で働きたい女性を募集できるweb求人サイト「Qプリ」や、風俗求人中心の男性向けweb求人サイト「ガンガン」はやはり1万円の祝い金をサイト側が求職者に支払うサービスをだいぶ前から行なっています。

マッハバイトで応募する層 メリット・デメリット

マッハバイトは良くも悪くも「1万円の祝い金」に惹かれて応募する層をターゲットにしています。つまりお金のない学生やフリーター、失業者などです。

お金に困っているという前提で考えると「祝い金がもらえた上で、すぐに実際に働いた分のお金ももらえる」というメリットが効果を発揮すると考えられます。日払い系の短期のアルバイトに応募するメリットをさらに高めると考えられます。

また、飲食店やショップ店員など通常は翌月末の給与支払いになるような職場でも「マッハバイトから応募すれば1万円はもらえる」わけです。ですので優先的にマッハバイトから探す層、他の求人広告で募集をしている求人企業がマッハバイトで募集をしていないか確認する層などが現れます。

メリットとしては、応募から採用までのスピードが早い場合が多いことが上がられるでしょう。採用が決まらなければ求職者が祝い金をもらえないからです。

デメリットとしては長期働きたい層や質の高さには期待できないかもしれない点です。とにかく目の前の1万円を最低拾いたいというところがスタートになっている求職者が多いためです。

ですので使い方としては、短期だけの職種での募集、作業系の替えのきく人員の募集に向いているでしょう。長期で働いてくれる求職者やモチベーションや技能が高い求職者の募集には向いていません。

マッハバイトの掲載料金

マッハバイトは従来の求人広告のような期間に応じた固定の掲載費用が発生する「固定費用型」、掲載期間の定めがなく採用できたらその都度料金を支払うタイプの「成功報酬型」の2種類があります。成功報酬型は掲載する時点では無料ですが、採用できた場合1人頭3〜5万円程度の成功報酬をマッハバイト運営に支払う必要があります。

ですので、たくさん採用ができそうな職種に関しては固定費用にしたほうが費用を抑えられるでしょうし、採用したい人数も少なく採用可能性が低い職種に関しては成功報酬型の方がいいということになるでしょう。

マッハバイトは採用祝い金で求職者を集める

マッハバイトは「とにかく今お金が欲しい」という求職者を採用するには良いシステムのweb求人サイトです。質や継続性にこだわらなければとりあえず試しに掲載してみるというのはありでしょう。成功報酬型なら固定費もかかりません。

 

マッハバイトは、成功報酬(初勤務まで完全無料)と掲載課金(2週間掲載1万円~)のプランを選べるアルバイト媒体です。大量採用や予算を抑えての採用を実現でき、最短4営業日で掲載可能。マッハバイトボーナス最大1万円(バイトが決まれば全員もらえる)もあり、利用者からも人気の高いサービスです。spit・space(スピット・スペース)では求人広告マッハバイトのお取り扱いをしております。

マッハバイトについてお問合せ