PayPalを導入すれば便利で早い決済が可能!

「PayPalでの決済対応してますか?」とよく聞かれるようになりました。PayPalはクレジットカードや銀行振り込みなどと何が違うのでしょうか。どのようなメリットがあるのでしょう。

PayPalは支払いプラットフォーム

私たちが普段インターネット上で買い物をするときに一般的な方法は、クレジットカード払いや銀行振り込み、もしくは自動引き落としです。これらの決済方法はwebサイトの支払い情報のところに、自分のカード情報を入力しなければありません。セキュリティ対策がされているとはいえリスクがありますし、自分のカード情報を取引相手に知られたくない場合もあるでしょう。

PayPalはこの取引を仲介するプラットフォームです。つまり、取引相手に直接あなたの個人情報が伝わることはありません。お金を支払う側はあなたのメールアドレス宛に送金をするだけです。するとメールアドレスに紐づいたあなたの口座に入金がされます。送金する側にとっても自分の情報が漏れないのです。

また、PayPalは世界的なサービスなので通貨にかかわらず利用できますし、送金着金も24時間可能です。ほとんどの場合取引後すぐに決済が完了しPayPal講座に反映されます。

「手数料が高いんじゃないの」とお考えの方もいるかもしれません。PayPalは利用手数料登録料など一切かかりません。国際間の取引の場合のみ為替手数料が発生します。

利便性が高くスピード感も申し分なく余計な費用もかからない、優れた決済プラットフォームなのです。

PayPalのデメリット

非常に便利なPayPalですがデメリットもあります。まず、銀行口座と紐づける場合、対応していない金融機関があります。最近急激に利用者が増えているジャパンネット銀行や、地方銀行・信用金庫などは使えません。

また、単なる送金にも使えません。あくまで何かの購入、支払いという目的に使用するプラットフォームになります。法人の場合は口座振替設定は使えないため、クレジットカードに紐づけるということが必須です。

ただ、銀行のカードにVisaなどのデビットカードが紐づいていれば、デビットカード支払い扱いにできるので銀行の問題は解決します。

またPayPalがメールアドレスがわかれば決済できるという非常に簡単な仕組みのため、フィッシング詐欺のメールが横行してます。登録しているメールアドレス宛にPayPalを装ってパスワードを聞き出そうとする詐欺メールが届くことは多いので、注意が必要です。

PayPalを利用して便利でスピーディーな決済を!

PayPalはメリットが非常に大きい決済プラットフォームです。これから利用者はさらに増えることが予想されますので、決済方法に導入して、客の取りこぼしがないようにしましょう!