ネットバンキングやPayPalで自宅にいながら支払可能!

銀行振り込みを行うのに、これまではいちいち銀行のATMに行って操作をしなければなりませんでした。しかしネットバンキングやPayPalを使えばPCやスマホから一瞬で振り込むことが可能です。

インターネットバンキングとは

月末になると銀行のATMに長蛇の列ができるのはおなじみの光景です。これは法人の経理担当者がATMで各種支払いや従業員の給与を振り込んでいるからです。しかしこれは大変時間もかかりますし、現金を持ち歩くリスクもあります。インターネットバンキングを使えば、手間をかけずにネット上で振り込み業務が完結できます。

インターネットバンキングで振り込みを行うためには多くの銀行で別途申し込みが必要です。残高照会だけなら特別な申し込みがなくてもweb上でできる場合があります。

最近では実店舗がなくweb上の店舗のみのネットバンクも増えています。例えばジャパンネット銀行では24時間365日送金も着金も可能です。現金として引出す際にはコンビニ等のATMを使用します。

PayPalとは

PayPalは取引相手のメールアドレス宛に送金をできる決済プラットフォームです。クレジット(デビット)カード、銀行振り込みによって支払いますが、取引相手にカード情報等を含めた自分の個人情報はわかりません。あくまでPayPalからの支払いとして決済されるのです。秘匿性の高い取引が可能なため最近シェアを伸ばしています。

ネット上の振り込みのデメリット

基本的にはメリットの方が大きいですが、デメリットも一応あります。それはネット上で全て完結するため、万が一パスワード等を失った場合は、再発行されるまで時間がかかるという点です。

例えばこれがリアル店舗の場合は、窓口に身分証や印鑑を持って行けば割と早く解決が可能かもしれません。しかしネット専門の銀行等の場合はネット上の窓口以外に相談できる場所がないので、多少時間がかかります。

しかし、これはネットバンキングやPayPalに限らずネットを利用してお金のやり取りをするサービスには共通した事柄です。

ネット上の決済を使って自宅で振り込みを済ませよう

日本は現金社会なのでまだまだ現金をATMに入金して振り込むというスタイルが一般的ですが、今後web上で入金を終わらせて買い物をする際は電子決済でするというスタイルがさらに広まっていくでしょう。Web上で支払手続きを終わらせるとコストも下がるので、まずはネットバンキングやPayPalを導入してみてはいかがでしょうか。