【Indeed攻略法】実際のところ料金ってどれくらいかかるの?

無料で求人広告が掲載できるとCMでもおなじみのIndeed。当サイトの記事でも何度かご紹介している通り、Indeedを使用して本当に求人で応募を集めたいという場合、無料のままだと正直厳しいです。オプションで課金をする必要があります。求人広告のGoogleと称されることもあるIndeedには、どのようなお金の掛け方をするのが最も効果が出るのでしょうか。

Indeedにはオーガニック広告とスポンサー広告がある

Indeedで俗にいう「無料で掲載できる枠」というのはオーガニック広告のことを指しています。これはハローワークや他の有料求人広告、場合によっては企業ホームページの求人ページなど、ネットにあふれている求人情報を自動的に吸い上げているのです。自動的に掲載しているので当然無料です。

また、Indeed自体にアカウントを開設し、オリジナルの記事を作成することもできます。これも課金しなければオーガニック広告と同じ扱いになります。スポンサー広告は有料枠です。これは1クリック15〜999円の料金を支払い、閲覧される可能性をあげるという仕組みになります。閲覧の可能性をあげるというのは具体的には「掲載順位を上げる」ということです。

スポンサー広告の入札の仕組みとは?

「掲載順位を上げる」と聞いて、「1クリックにお金をたくさん払えば上に表示されるのか」と思う方も多いでしょう。しかし、Indeedの場合高額なクリック単価を払えば上位に表示されるとも限らないのが頭の痛いところです。

と、いうのもIndeedのスポンサー広告はクリック単価の入札制です。入札というと高いほうが有利ということになりますが、有利ではあっても確定ではないのです。

例えばgoogleの検索でイメージしてみましょう。「ズッキーニ 料理」で検索したとして、1ページ目や2ページ目に出てくるのはクックパッドやきょうの料理、キューピー、カゴメなどそのカテゴリーで有名な企業のページばかりです。

こういった蓄積した価値ある情報が多いページが上位に占められている場合、新興の企業がどれだけ一時的にお金を積んでも検索順位を追い越すことはできません。

Indeedのスポンサー広告でもそれは同じです。いわゆるビッグワードと呼ばれるものはすでに上位に固定化しているような企業が多いため、1ヶ月や2ヶ月程度の課金ではなかなか上位表示を狙うことはできません。

それよりはロングテールワードと言われる少しニッチなキーワードで上位表示されることを狙うほうが短期的な戦略では現実的です。例えばgoogleで「ズッキーニ 料理 子供」で検索すると、キュレーションサイトや個人のブログなどが上位に表示されるようになりました。

Indeedのキーワードは「募集要項に記載されている単語からIndeedが自動的にピックアップする」仕組みです。ですので、募集要項に乗っていない単語では検索に引っかかりません。

例えば「デザイナー illustrator」と「デザイナー イラレ」での検索結果は全く異なります。実際に検索してみましょう。「デザイナー イラレ」の方が検索結果が圧倒的に少なく、ローカルな会社が表示され競争が少ないということになるのがお分かりでしょうか。

ですので、募集要項にまず求職者が検索しそうなキーワードをふんだんに盛り込み、それからクリック単価を上げるという考え方が必要です。募集内容に記載されている単語が大手の記事と同じような単語ばかりの場合、クリック単価を上げてもなかなか効果が出ないということになります。

料金システムってどうなっているの?

「Indeedの料金が広告代理店によって全然違う」という声もよくお聞きします。実は、Indeedはクリック料金についてはIndeedに直接振込のため、どこの会社でやっても同じです。ではなぜ料金に差があるかというと「求職者から応募がくるための効果出し」にコストをかけているからです。

実際Indeedを自社で運用して効果を出すのは結構大変です。クリック単価を上げれば応募がくるわけではないというのは前述しましたが、募集要項の内容のブラッシュアップはもちろん、場合によって求人ページと連動させる等の施策も必要になってきます。そういった作業や製作費用を全てパッケージングしてIndeedのサービスを提供している会社が多いので、料金にばらつきがあるのです。

ですのでIndeed運用を広告代理店に依頼する場合は、その代理店がどのような施策をしてくれて、その施策でどのような効果が得られるのか細かく確認する必要があります。

正直なところやってみないとわからない上に、効果を出すまでに半年から1年くらいはかかる場合が多いです。本気で効果を出そうと思うのであれば、月20万程度だとして年間のグロスで300万円くらいは見込んでおいたほうがいいサービスです。

関連記事

  1. 専門職に特化した求人広告戦略 ボトルネックは資格?イメージ?

  2. 求人広告の原稿の重要性

  3. 求人広告代理店を選ぶ基準・ポイントは?

  4. 求人募集で心に刺さるキャッチコピー

  5. SNSを活用した人材募集方法

  6. 代理店は稼げる副業!個人で始められる広告代理店業