自社採用ページで人材募集を行う方法

自社のホームページや専用の採用ページで募集を行う際にはどのようにすれば効果が出やすいのでしょうか。効果がでるようなページの作り方を考えていきます。

自社採用ページにはどこから人がやってくる?

地名度がある会社やお店の場合、googleで検索して直接ホームページにアクセスする場合もあるでしょう。また、SEOが強いホームページの場合は地域や業種、例えば「港区 ケーキ屋」で検索すれば検索結果の上位に出てくるかもしれません。

 

しかし、基本的には直接ホームページにアクセスされるよりは、どこか別のページを経由して人がやってくると考えるべきです。つまり、ホームページの求人ページや採用専用ページの場合はWEB求人サイトから直リンクで飛んでくる、もしくはそこで見た会社名や店名を検索エンジンで検索してホームページにアクセスしている場合が多いのです。

 

なぜホームページをわざわざ見るのかというと、より詳しくその企業のことを知ってミスマッチを防ぎたいからです。ミスマッチというのは仕事内容だけでなく、社風やスタッフの感じも含みます。どのくらいの年齢層なのか、賑やかなのか静かなのか、硬い感じなのか緩い感じなのか、できるだけ応募前の不安を減らしたいという思いから、求職者は募集をしている企業やお店のホームページを詳しく見る傾向が強まっています。

どのような自社採用ページが効果があるのか

自社採用ページとは、その企業について調べている求職者に対して企業の魅力を伝え、安心して応募できるような情報を与える役割があります。ですので販売している製品やサービスの内容ももちろんですが、どのような人たちがどのような仕事をして、どのような生活を実現しているのかが魅力的に伝わることが大事です。

 

ホームページに採用ページを設けている場合でも、月給と職種・募集人数しか書いていないようなページであれば求人ページとしての効果はあまり期待できません。他のページが充実していればまだいいのですが、ホームページ自体がパッとせずさらに募集内容の情報量が薄い場合は「この会社ちゃんと運営されているのかな」と求職者に不安を与えてしまいます。

 

まずは見やすい自社採用ページを

現在スマートフォンでWEBサイトを閲覧する層が大部分なので、画像が適切に配置されているページは見やすく印象がいいです。また、レスポンシブ対応と言って、閲覧者の使っている画面のサイズによってページの表示が可変するタイプのデザインがオススメです。ホームページの表記の崩れやページの画面外へのはみ出しがないため、見やすいです。

 

求職者は自分が「どこで誰と何をするのか」が一番知りたいところですので、可能な限り業務中の風景や職場の写真、スタッフの写真などの日常風景を使用した方が良いでしょう。WEB求人広告内と全く同じ内容にしては意味がないので、より職場の雰囲気が伝わりやすく工夫したり、特に伝えたいメッセージや理念があるのであれば画像をうまく活用するととっつきやすくなります。テキストだけだと目に留まりづらいですし、どうしても硬い感じが出ます。

 

自社採用ページが1ページなのか複数ページ使えるのかによっても変わりますが、1ページ目で求職者に良い印象を与えて興味をもってもらえればより採用ページを深く見てもらうことができ、応募の可能性は高まります。

どんなコンテンツを設ければいいか

「どこで誰と何をするのか」の「誰と」という部分でいえば、現在働いているスタッフや上長のインタビュー記事を載せるのはかなり一般的になっています。入社一年目、三年目、十年目、役員というように何パターンか掲載するのがいいでしょう。インタビュー内容としては職場の雰囲気や、仕事のやりがい、前職など。ここにもふんだんに画像を使用します。場合によっては動画を組み込むのも効果的です。

 

他には、SNSをうまく活用するのも手です。採用ページにツイッターやインスタグラムを埋め込んで社内行事や日々の風景などをアップしていくと、より雰囲気が伝わるでしょう。ただし、そんなにアップするネタがない、スタッフが非協力的な場合はやめたほうがいいです。3,4ヶ月に一度しか投稿されないアカウントは、モチベーションの低さが出てしまい印象が悪いです。SNSを活用するのに適した業種としては飲食店、介護・医療施設、幼稚園・保育園、教育関係など、行事が多く社外に発信できる内容が多い職場です。

自社採用ページを専用サイトとして作る

中には既存のホームページの中の採用ページとは別に、採用専用の自社WEBサイトを作る場合もあります。これは会社の採用に関することだけがまとめられたページです。

つまり、求職者に会社の魅力を伝えるために設けられたページなので十分なボリュームが必要です。情報量が少ないと印象が悪いので、画像と同時に文章量も求められます。

大手企業は専用サイトにしている場合が多いです。