“今すぐ効果”が出る求人広告の作成方法

 

突然ですが、多くの人事担当者はある共通した悩みを抱えているそうです。

それは、“求人広告の反響率が悪い”というものです。

具体的には、

✔高い広告費を支払っているのに全く申し込みがない!
✔求めているスキルを有した人材が応募してくれない!
✔効果の上がる求人広告の作成方法が分からない!・・・

もしあなたがそんな悩みを抱えているとしたら、この記事はまさにあなたの為の記事であると言えるでしょう。

今回は、“今すぐ効果”が出る求人広告の作成方法をご紹介することで、あなたの悩みが解決できる可能性が非常に高いからです。

それでは早速見てきましょう。

“今すぐ効果”が出る求人広告の「3つ」の作成手順とは?

まず初めに大切なことをあなたにお伝えします。

それは、“みんなに書いた文章は誰にも読まれない”ということです。

まずやるべきことは“ターゲット”を明確にすることです。あなたが一番欲しい人材を決定し、その人ただ1人に向けて求人広告を書くことが非常に大切な作業になります。

そして、2つ目の手順としてすべきことが“他社との差別化を明確にする”ということです。

例えば、応募者が競合他社とあなたの企業を比較した際に、

「うちには競合のA社にはないこんな魅力がある!だからあなたはうちに来るべきだ!」

とそんなことを声を大にして言えるあなたの企業魅力を見つけ、はっきりと求人広告に記載することも効果を出しやすい大きな要素であると言えます。

例えばその魅力は、

✔給与が競合より○○%高い
✔福利厚生が○○なほど厚い
✔昇進が最短で○○年で叶う
✔希望部署に配属される可能性が○○%・・・

など数字などを用いて具体的に記載することで応募者の“信頼”を掴むことが可能になるでしょう。

そして最後の3つ目にするべきことは、あなたの会社の応募者にとっての“欠点”を探すということです。

「どうして欠点をわざわざ記載する必要があるの!?」

と言われてしまいそうですが、実は人間の心理学の世界では“弱み”は“信用を作る“と言われることもあり、良い所だけでなく、あえて悪いところも正直に伝えることで応募者に安心感と信頼感をもたらすことが可能になるのです。

注意するポイントとしては、その際に必ずフォローの文言を付け加えておくという事です。

具体的には、“もしかしたら残業が多くなる時期もあるかもしれませんが、その分、有給必ずとって頂きます”このフォローの1文が応募者の心を“グッ”と掴む効果があるのです。

 

“今すぐ効果”が出る求人広告に必要な“意外”なポイントとは?

いかがでしたか?今回ご紹介した手順にそって作成することで、文字通りに“すぐに効果”を出すことは可能になるでしょう。しかし、1つ多くの求人広告が見落としている大切なポイントがあります。

それは、

“あなたの会社が候補者に提供することができる未来”

が明確な広告が極端に少ないということです。

人は未来に夢を描きます。つまり、ワクワクするような“未来”を想像させることができれば、多少条件が悪かったとしても人は集まるものです。あなたが本当に会社に来てほしい理想の人物は“どんな未来にワクワク”するでしょうか?

そして、あなたはその未来を候補者が手にするために何ができるでしょうか?

その答えが出た時、そしてそれを上手に文章に乗せることができた時、想像を超えるような反響が出ることでしょう。今回ご紹介した求人広告の作成方法は一見簡単そうですが核心をついているためにいざ作成を始めるとなかなか思うように進めないかもしれません。

そんな時は、気心知れた同僚とざっくばらんに意見交換してみてください。新しい景色が見えてくるはずです。